システムインテグレーション

EXaaS™音声クラウドサービス

OKIクロステックのEXaaS 音声クラウドサービスは、オンプレミス(※)PBXの全ての機能をそのままクラウド環境からご利用いただけるサービスです。

PBX機器をオフィスに置きたくない、運用・管理するのが大変、ワークスタイルの変革に合わせスマートフォン内線を活用したい、毎月の使用料で使い勝手の良いPBX機能を利用したいなど、ご要望に合わせてPBX機能をクラウド型サービスでご提供します。
既存PBXからの切り替えや、電話端末のIP化をご検討の際は、ぜひOKIクロステックの音声クラウドサービスをご利用ください。

  • オンプレミス:サーバーやソフトウェアなどの情報システムを自社内の設備によって運用すること。

OKIのクラウドPBXサービス「EXaaS音声クラウドサービス」オンプレミスPBXのフル機能をご提供

ワークスタイルにあわせた効率化のご提案

「新しい働き方」として今後は場所や時間に縛られることなく、急激に変化する環境と企業内のワークスタイルに合った効率化を目指す必要があります。
2020年、日本に限らず全世界で働き方が大きく変化しました。その新しい働き方がニューノーマル(新常態)です。
人々の働き方の変化に伴い、オフィスのあり方も随分と変わり、これまで多くの企業が二の足を踏んでいた「モバイルワーク」や「在宅ワーク」が一気に加速しました。
サテライトオフィス化やモバイル・在宅ワークで働く場所の分散化が進み、時間や環境にとらわれない働き方が当たり前となったことにより、コミュニケーションの重要度もあがりました。ワークロケーションの変化に柔軟に対応するために音声クラウドサービスをご提案します。

『新しい働き方』の中心の音声クラウド「EXaaS音声クラウドサービス」

音声クラウドサービスとは?

OKIのデータセンターとお客様拠点をIPネットワーク(専用回線)で接続し、お客様がIP-PBX本体の設備投資を行わなくても(持たない経営)電話システムの構築が図れます。
人々の働き方の変化に伴い、オフィスのあり方も随分と変わり、これまで多くの企業が二の足を踏んでいた「モバイルワーク」や「在宅ワーク」が一気に加速しました。
また、多様化するコミュニケーション・ニーズの対応、運用負荷・資産管理の軽減を視野に入れた、働き方改革による、生産性の向上およびトータルコストの低減を目的とした電話サービスです。

音声クラウドサービスイメージ図

音声クラウドサービスのメリット

  • サービス利用の為、「毎月使用した分」だけのコストで済みます。
    • 頻繁に拠点もしくは、端末台数が変わるお客様に有効です。(拠点内、過剰設備等の抑制)
  • PBX設備の管理業務が軽減
    • どこの拠点でも内線電話機の使い方を統一できます。
    • バーションアップ計画、電話設備の増/移設計画、次期PBXへの更新計画等に役立ちます。
  • 堅牢なデーターセンターでの運用によるBCP対応
    • データーセンターの立地条件、ファシリティ条件、セキュリティ条件は当然確保した上で、万が一WAN回線に通信障害が発生した際でも、拠点側に設置するバックアップサーバーで音声サービスを継続することが可能です。

オンプレ型とクラウド型のそれぞれの良さを活かしたシステム構成

システム構成概要

システム構成概要図

システム構成の特色

IP公衆網やIP電話機はもちろんのこと、従来のアナログ電話機やPHSなどハイブリッド構成が可能です。
パソコンやスマートフォンにインストールするソフトフォンを導入すれば、テレワーク先でも有効に活用いただけます。

PBXの基本機能(着信/自己保留/転送/応答遅延/圏外転送/各種グルーピング(ピックアップ)など)をはじめとした、IP-PBXのフル機能をそのまま利用することが可能です。そのためクラウドサービスを検討する際でもサービス機能が低下することはございません。

オフィス拠点を段階的に切り替えていく際でも、既存PBXとの連携やVoIP専用線を活用することにより、拠点間を分断させることがない、スムーズな移行プランをご提案することが可能です。

また、データーセンターとお客様拠点を結ぶWAN回線に障害が発生し、通信ができなくなった際には、拠点側に設置するバックアップサーバーを利用することでPBXサービスの継続運用で、BCP対策は万全です。

音声クラウドサービスの導入ニーズ

従業員のみなさま

  • 音声品質が高品質。従来のPBXと変わりありません。スマートフォンでの音質も良好です。
  • 部門毎のワークスタイルにあった使い勝手のよい電話端末が選択できる
  • システム更新によるストレスがなく、安心して使用できる

導入検討部門

  • 信頼性、拡張性が高い
  • 導入後の構成変更が容易で、低コストで対応が可能
  • 自社に最適な回線やアプリケーションサービスと組み合わせが可能

運用管理部門

  • 全社を統一的に管理でき、管理コストが低減できる。
  • シンプルに運用したい
  • 基本的な運用は、外部に任せ運用コストを低減

経営者

  • 持たざる経営(オフバランス)を推進
  • トータルコストの削減(TCO削減)
  • ESGへの考慮(環境:Environment、社会:Social、ガバナンス・統治:Governance)

    環境:社内設備もクラウドなど、省エネルギーなものとしたい
    社会:働き方の多様化で従業員満足度を上げたい
    統治:BCP対策によるリスク管理体制をとりたい

導入事例

導入事例を見る「丸紅株式会社様」クラウド+IP+内線モバイルでコスト削減・業務効率を実現

24時間365日の監視体制

OKIクロステックのサポートサービスの中核であるカスタマーサポートセンターは、日本全国を網羅するサービス拠点で勤務する約3,200名のスタッフと密接に連携し、ネットワークやシステムの運用・管理を24時間・365日のフルサポート体制で、お客様にご満足いただけるよう、ワンストップサービスを提供しています。

監視体制イメージ図

基本サービス(共同利用型クラウドサービス)

最低利用期間と契約単位

期間/契約 概要
最低利用期間 1年
契約単位 1ヶ月

基本サービス

サービス内容 概要
基本機能利用
サービス
  1. 内線サービス・回線サービス・グループ管理
  2. 番号管理等の音声システムサービス機能の利用
運用維持管理
サービス
  1. 総合ヘルプデスクサービス

    電話・メールによる各種問い合わせ、故障受付、設定変更申し込み受付

  2. システム保守

    監視サービス、遠隔保守サービス

  3. 運用レポートの発行

    サービス稼働率、利用ポート数、受付管理表、工事情報、発生障害情報 等

運用管理代行
サービス
設備原簿・内線台帳・局線台帳管理

音声クラウドサービスご利用約款

ソリューションについてのお問い合わせ
Webからのお問い合わせ:お問い合わせフォーム
Get Adobe Reader
PDFの閲覧にはAdobe Readerが必要です。Adobe社のサイトからダウンロードしてください。
  • YouTube

お問い合わせ

お問い合わせ