現在位置:Home > 採用情報 > 教育研修制度

教育研修制度

Education

3つの教育で、
社員一人ひとりの成長を
サポート。

OKIクロステックでは、ビジネスパーソンとしての基礎を学ぶ「ビジネス教育」、技術者として成長し続けるために不可欠な「スキル・技術教育」、さらにお客様やメンバーとの信頼関係の構築を円滑にする「人間教育」の3つの教育で、社員一人ひとりの成長をサポート。会社の成長を支え、自分自身のキャリアを自ら描くことができる能力を育んでいきます。

研修とOJTで仕事の基礎を身につけていく。

新入社員研修

社会人として、技術者としての土台を築く。
入社してから、OKIグループ全体の研修を含めて、約2ヶ月間の新入社員研修に参加。出身学部も年齢も異なる同期とともに、会社の基本、社会人としてのマナーなどを教わります。新入社員研修の後半では職種ごとの専門教育も受講し、それぞれの配属先へ向かいます。

職種別研修

OJTや研修を通して、一人前の技術者に。
新入社員研修後も職種ごとに各種研修を用意。さらに、施工管理や通信分野のSEは、先輩社員によるOJTや様々な現場を実際に経験することで知識や技術を深めていきます。また、カスタマーエンジニアは製品ごとに保守を任せられる技量を認定する社内資格があり、これらの資格を1年目にまずは3製品を目安として取得。2年目以降は、それぞれの研修を受けながら、その数を徐々に増やしていきます。

階層別研修

新たなステージでの挑戦を研修で支援。
2年目以降は社員一人ひとりの成長に合わせて、階層別の研修を実施しています。階層が上がることで加わる仕事内容を事前に学び、新たな挑戦への不安を軽減。一つ上のステージでのスタートダッシュを支援します。

それぞれの能力を伸ばす、多彩な機会を用意。

Support 01

100種類以上の資格の取得を会社が支援。

社内認定資格だけでなく、電気設備の取り扱いやITに関する公的資格の取得についても会社が最大限にバックアップ。勤務時間内に社内外の講師を招いての筆記試験対策や実技試験対策も行います。

Support 02

「日本一の技術者」を目指す、IT技術コンクール。

日本全国の各拠点から選ばれた技術者(施工管理、カスタマーエンジニア)が日本一の座を目指し、日々の業務で鍛えた顧客対応や構築力、保守力の腕前を競うロープレ型のコンクール。優勝者や上位入賞者には賞金も出ます。

Support 03

次世代リーダーを育成する選抜型研修。

新生OKIクロステックとしてはじめる新たな人材育成の試み。不確実性の時代と言われる世の中において、私たちの事業の今後の舵取り役を担う次世代リーダーの育成に力を入れていきます。




Copyright© 1998-2020 OKI Crosstech Co., Ltd. All Rights Reserved.