現在位置:Home > システムインテグレーション > ソリューション > 企業ネットワーク > クラウドサービス > EXaaS™ クラウドBEMSサービス


ソリューション

クラウドサービスEXaaS™ クラウドBEMSサービス

エネルギーの見える化・見せる化

エネルギー管理の課題をEXaaSクラウドBEMSサービスで解決します。エネルギー使用量の把握から省エネ対策の実行、エネルギー使用状況届出書・定期報告書の作成まで、多大な労力が必要であり、対象事業者にとって大きな課題となっています。

EXaaSクラウドBEMSサービスとは

各設備の消費エネルギーを見える化するサービスです。本サービスを利用することで、適正なデータにもとづいた事業所全体の省エネ推進活動に繋げることができます。
さらに、複数の事業所を包括的に管理することも可能です。

リストやグラフでエネルギーを「見える化」。集計データの「見せる化」による省エネ意識の向上。省エネ法における定期報告に必要な「エネルギー使用状況届出書」等の作成支援。

各種センサーを使ってエネルギーの使用状況を測定・グラフで表示。低コストでエネルギーの「見える化」「見せる化」を実現。設備機器のエネルギー消費のムダをなくし、効果的な省エネ活動を支援するサービスです。

本サービスは、OKIのクラウド基盤「EXaaS」を利用することで高い信頼性と可用性を実現しています。また、カスタマーサポートセンターによる24時間365日の監視・受付体制で、万一の場合にも迅速に対応するほか、省エネルギーに関する相談も行っています。電気設備工事のノウハウを活かし、既設設備の診断から最適な設備の導入までワンストップで提供します。

EXaaSクラウドBEMSサービスイメージ図

サービスの特徴

OKIクロステックの提供するEXaaSクラウドBEMSサービスは、安価に複数の事業所を包括的に管理し、事業者全体の省エネ活動を電気設備工事会社のプロが推進します。

  • 事業所の電力使用量や環境を計測・収集し、データセンターに蓄積したデータをグラフやCSVファイルで提供することで、エネルギーの「見える化」を実現し、効果的なコスト削減
  • デジタルサイネージを利用し、電力使用量と目標値を「見せる化」することで利用者の「省エネ意識」を促進
  • 管理者が非常駐の事業所も、安価にエネルギー管理と「デマンド制御」が可能
  • システムで収集するデータは「定期報告書」へ自動的に出力が可能
  • タブレットなどとの連携により、拠点内を移動しながらでも、状態を確認する事も可能

お問い合わせはこちらから

エネルギーの可視化

EXaaSクラウドBEMSサービスを利用することにより、IoT技術を活用した低コスト・簡単導入で各設備の消費エネルギーの可視化を実現し、エネルギー使用量の把握ができます。
日頃、何気なく使用している目に見えない消費エネルギーを可視化し、「削減すべき電力を把握」することで、省エネ対策を実行するべき課題が見えてきます。

「見える化」により効果的なコスト削減を実現

効果的な省エネ対策は無駄を把握することが不可欠です。
EXaaSクラウドBEMSサービスでは収集した電力データ、温湿度等をインターネット経由でグラフ化表示することができます。
電力使用量を「見える化」することで「見えなかった無駄」を発見 、状況に合った適切な省エネマネージメントを実現します。

「見える化」で状況に合わせた省エネマネージメント

「見せる化」により高い省エネ効果・意識を醸成

省エネには「エネルギー管理統括者」、「エネルギー管理企画推進者」の省エネ意識だけでは成立しません。
従業員全員の省エネ意識向上が不可欠となります。
デジタルサイネージを利用し、目標値を「見せる化」により社内に明確化・共有することで従業員の「省エネ意識向上」を図ります。

サイネージ表示画面イメージ(準オプション)

サイネージ表示画面イメージ


  • オフィス向けサイネージ表示画面イメージ
    (見える化サーバー追加オプション)

  • 小学校向けサイネージ表示画面イメージ
    (見える化サーバー追加オプション)

お問い合わせはこちらから

デマンド制御と定期報告書作成支援【オプション】

「デマンド制御」によりピーク電力カット

管理者が非常駐の事業所も、中央監視のような高価な設備なしで、安価にデマンド制御できます。
現地に設置するデータロガーでデマンド(※)値を予測し、ピーク電力の目標値を超過する可能性のある場合、対象設備を制御します。

  • デマンド…ある瞬間の使用電力量のことです。本システムでは30分単位で計測しています。

デマンド制御イメージ

「エネルギー使用状況届出書」・「定期報告書」の自動作成

「エネルギーの 使用の合理化等に関する法律」(省エネルギー法)により、年間のエネルギー使用量の合計が1,500kl(原油換算)以上である事業者を「特定事業者および特定連鎖化事業者」として指定し、エネルギー使用の合理化のためのエネルギー管理を義務づけられております。

「EXaaS クラウドBEMSサービス」では自動収集した使用電力量データおよび、データ入力で定期報告書の書式で出力可能です。
データの手入力が不要になり、業務負担を削減することができます。

レポート表示画面

お問い合わせはこちらから

ページの先頭へ