現在位置:Home > システムインテグレーション > ソリューション > 企業ネットワーク > データネットワークソリューション > サーバーインフラ


ソリューション

データネットワークソリューションサーバーインフラ

お客様の業務環境に合ったサーバーインフラを提供いたします。複数のサーバーを1台の物理サーバーで仮想的に再現する「仮想化サーバー」も提供しております。

  • お客様のニーズ、スケールに合った環境をご提供
  • 仮想化サーバー環境により、省スペース化や省エネを実現

Active Directoryイメージ図

Active Directory

ユーザーやコンピューター、サーバーの認証情報やポリシー設定情報を一元的に管理することで、セキュリティを強化し、運用負担を軽減します。

  • 連携する各サーバーへの認証基盤として利用できます。
  • ポリシー設定(PCの構成やセキュリティ設定)を一元管理するグループポリシーにより、部門等の組織毎で異なるポリシーを一括で適用できます。

Active Directoryイメージ図2

ページの先頭へ

メールシステム

電子メールの効率的な管理を実現します。

  • メールボックスの作成、容量の変更に柔軟に対応可能です。
  • Active Directoryとの連携により効率的な管理を実現します。
  • メールリレー(中継)サーバーにより、メールサーバー(メールボックス)の外部からの保護が可能です。

メールシステムイメージ図

ページの先頭へ

ストレージソリューション

電子データを管理するストレージソリューションをご提供します。

  • 「ファイルサーバー統合」による、運用/管理コストの削減、パフォーマンス向上
  • バックアップサーバーを使用する「Disk to Disk to Tape」バックアップにより、電子データを効率的にバックアップ・リストア(復旧)

ファイルサーバー統合

ファイルサーバーが多数存在し、各所に設置されている場合、以下のような問題があります。

  • 運用/管理コストが大きい。
  • サーバー毎にデータ容量や使用頻度が異なるため、リソースの使用効率が悪い。
  • 個人情報や機密情報がバラバラに管理され、セキュアな管理ができない。

ファイルサーバー統合

サーバー台数の減少、データの集中化により、以下のメリットがあります。

  • 運用/管理コストを軽減。
  • サーバーリソースを無駄なく使用することができ、拡張効率も良い。
  • 個人情報や機密情報を一貫したセキュリティポリシーで管理でき、内部統制を強化できる。

ファイルサーバー統合を実現するソリューション

NAS(Network Attached Storage)

ファイル共有/管理専用のサーバーです。一般のファイルサーバーと比べ、以下のメリットがあります。

  • ファイルサーバー機能に特化することで、パフォーマンスを向上。
  • ファイル共有/管理に必要な機能があらかじめ構成されており、特別なネットワーク機能を必要としないことから、容易で安価な導入が可能。
SAN(Storage Area Network)

サーバーにストレージ専用のネットワーク環境を提供します。
サーバーからストレージへダイレクトにアクセスし、複数のサーバーでハードディスクやテープ装置を共有することができます。(リソースの効率化)
NASよりも高速なデータ転送を実現し、接続方法には『FC-SAN』(ファイバチャネル接続)と『IP-SAN』(IP(iSCSI)接続)があります。

FC-SAN
  • 最も高速なデータ転送(4Gbps)を実現。
  • プロトコル処理をハードウェアで実施するため、サーバー負荷を抑えた高いパフォーマンス。
  • テープ装置をファイバチャネルにて接続することによる、高速で効率的な「LANフリー」バックアップ。
  • 専用のハードウェア機器や仕様の複雑さから高価。
IP-SAN
  • NICやネットワークスイッチ等、従来のLAN機器を用いて構築できるため安価。
  • iSCSI対応のテープ装置を専用ネットワークにてサーバー接続することによる、安価で高速なバックアップ。
  • FC-SANに比べオーバーヘッドが大きく、転送速度が劣る。
  • FC-SANイメージ図
  • IP-SANイメージ図

バックアップサーバー

サーバーのデータをテープドライブへバックアップする場合、複数台サーバーがある環境では、バックアップ作業に非常に手間を要します。
また、障害発生時には迅速なリストアが要求されますが、テープからではリストアに時間を要します。
バックアップ専用のサーバーを用意することで、ネットワーク経由でのバックアップ自動化(Disk to Disk to Tape)およびバックアップサーバーからの迅速なリストアを可能とします。

バックアップサーバーイメージ図

ページの先頭へ

サーバー仮想化

サーバー仮想化は、本来は別々に存在する物理サーバーを1台の物理サーバー上で論理的に(ソフトウェア的に)再現したものです。
仮想環境に構築されたサーバー(仮想サーバー)は、利用者からは仮想環境を意識することなく、それぞれが物理的に独立したサーバーとして見えます。

サーバー仮想化イメージ図

  • ※1仮想環境を実現、管理しているソフトウェアです。
  • ※2仮想化ソフトをインストールし、仮想環境を管理する物理サーバーです。

サーバー仮想化によるメリット

サーバー仮想化によるメリット図

ページの先頭へ