現在位置:Home > 採用情報 > 仕事と社員を知る

お客様のビジネスシーンを、
ICTの力でつなぎ、支える。

植原UEHARA
SI事業本部ソリューション事業部ICT-SE部
2006年入社 システム情報工学科卒

新しい技術に触れあう機会も多く、日々学ぶことができる。

私が学生時代、国内では情報通信技術が大きく発展し、様々な会社で自社の情報通信設備が重要視され始めた時でした。具体的な職業は定まっていませんでしたが、専攻していた分野ということもあり、情報通信関連で社会インフラに携わることができる職業に就きたいと思っていました。入社の決め手は、採用担当者の人柄に魅力を感じたこと。学内で開催された会社説明会に参加した際、採用担当者の方が丁寧に説明してくれたことと、質問に対して真摯に答えてくれる姿を見て、こういう人と一緒に働いてみたいと思いました。また、情報通信分野のみ行う会社へ就職することへの不安もありましたが、OKIクロステックでは、電気設備分野と情報通信設備分野があり、さらに保守事業まで、幅広い事業領域に携わっていることを知り、新しい技術に触れる機会も多く、日々学びながら、安心して働ける環境があるのではないかと思えたことも大きかったです。

ICT分野は技術の進歩も早く、
自ら操作して確かめることが大事。

入社してからすぐ新入社員研修に入り、様々な部署で、色んなことを経験させていただきました。研修期間中は、担当いただいた先輩社員の方に色んな現場に連れて行っていただき、見るもの全てが初めてのものばかりで、とても新鮮でした。わからないことも多く、どんなに忙しい状況でも、その都度、先輩社員が優しく、丁寧に教えていただいたことを覚えています。配属された部署は違っていても、研修期間中にお世話になった先輩方とは、今でも繋がりがあり、仕事で困ったことがあった時は、相談に乗っていただいています。SE部に配属となり、まずは、提案活動からシステムを構築するまでの一連の流れを学び、次に技術用語を学びました。先輩社員と一緒にお客様を訪問し、打ち合わせをしても、わからない専門用語が飛び交い、「これではいけない」と思い、猛勉強しました。1年目の年末に、当時、教育担当いただいた先輩社員をフォローする形で、大規模なシステム構築案件に参加することができ、その時に得られた経験は、今では自分の糧になっていると思います。現在の業務内容は、仕事を受注するために営業の提案活動を支援する内容が主となりますが、お客様へご提案する機器を選定するために、自分自身で動作検証なども行います。情報通信分野は、技術の進歩が早いため、自ら操作して確かめることも重要な仕事と考えています。

今後は、様々な最先端機器やシステムにも挑戦し続けてく。

お客様により、提案内容は様々で範囲も多岐にわたるため、自分が得意としない分野の対応が必要な時もあります。そんな時は、上司含め部内全体で検討する時間を作り、課題や方向性などを相談しています。職場環境はとてもいいと思います。「先輩だから」と威張るような人はいないですし、新入社員でも、部内会議で積極的に話せるような雰囲気もあり、上下関係なく、わからないことも聞きあえるようなフラットなコミュニケーションが取れてとても働きやすいと感じています。時にはぶつかり合う時もありますが、一つの目標に向かって、仲間と一緒に仕事をやりきった時は達成感を感じます。今後は、これまでの経験をもとに、後輩の育成やサポートを行っていきたいと考えています。人に教え、広めることは、とても時間と労力がかかると思いますが、何より、お客様のためにより良いシステムの提案ができるよう“教育”に力を入れていきたいと思います。また、自身も様々な最先端機器やシステムに挑戦し続けていきたいと思います。

PRIVATE
連休は家族で旅行に出かけることが多いです。特に沖縄には何度も足を運び、今ではある程度の場所にはカーナビがなくても移動できるようになりました。今後は、子どもの成長に合わせて、釣りやキャンプなどアウトドアも本格的に始めたいと思っています。

MEMBER INTERVIEW

  •  
  •  

  • YouTube

お問い合わせ

お問い合わせ