現在位置:Home > 企業情報 > 環境・品質・労働安全衛生への取り組み > 労働安全衛生への取り組み


企業情報

環境・品質・労働安全衛生への取り組み 労働安全衛生への取り組み

登録社名 OKIクロステック株式会社 (旧沖ウィンテック株式会社)
登録番号 JQA-OH0239(一般財団法人 日本品質保証機構)
規格 OHSAS 18001:2007
登録日 2014年1月31日
改訂日 2019年1月11日
有効期限 2020年1月30日
認証範囲
  1. 情報通信システムおよび通信ネットワークシステムの販売、設計、施工およびメンテナンス
  2. 光伝送システム、無線伝送システムおよび無線通信システムの販売、設計、施工およびメンテナンス
  3. 電気設備の設計、施工、メンテナンスおよび付帯サービス(定期点検)

JQA OHSAS SYSTEM
JQA-OH0239

当社の労働安全衛生方針

当社は、総合エンジニアリング企業として、社会の発展に貢献すると共に「安全な職場環境づくりと社員の健康増進」が最重要課題の一つであることを深く認識し、以下の労働安全衛生方針を定め、全従業員(協力会社含む)参加の下に、継続的な労働安全衛生活動に取り組みます。

  1. 電気および情報通信の設備工事事業を通じ、販売から設計・施工・保守サービスの全ての業務において、安心と信頼でお客様と繋がり、快適な職場と健康で安全な環境づくりを促進します。
  2. リスクアセスメントに基づき全現場の目標を定め、継続的に改善に取り組み労働災害リスクの低減に努めます。
    特に以下の労働災害リスクの低減に努めます。
    • ケーブル延線作業による災害防止
    • 墜落・転落災害の防止
    • 電動工具による災害の防止
    • 交通事故の防止
  3. 国内外・各地域で定める労働安全衛生に関する法規、条例、規則を遵守します。
  4. 全従業員(協力会社を含む)へ労働災害の防止に関する教育訓練を行います。
  5. 労働災害防止活動の目標、リスク低減策、実施状況を確認し、年度ごとに見直します。
  6. 本方針は、ホームページおよび社内掲示で公開します。

改定日 2019年4月1日
制定日 2013年6月1日

OKIクロステック株式会社
代表取締役社長 竹内 敏尚

ページの先頭へ