現在位置:Home > システムインテグレーション > ソリューション > 企業ネットワーク > オフィスまるごとサービス


ソリューション

オフィスまるごとサービス

サービス内容イメージ図

オフィスまるごとサービスとは

オフィスまるごとサービスのイメージ図。オフィスの設計から施工・保守までを、ワンストップでご提供し、リニューアルや移転を契機としたワークスタイル変革を実現するサービスです。ワークスタイル変革を通して、お客様の生産性向上を実現します。

ページの先頭へ

導入メリット

導入メリットイメージ(オフィス移転・リニューアルをまるごと提供)

導入メリットイメージ(ワークスタイルを変革)

ページの先頭へ

ご提供イメージフロー

お客様のニーズを把握して、実行プロセスに沿って柔軟にご対応します。

ご提供イメージフローイメージ図

ページの先頭へ

オフィスコンセプト

  • 万全のセキュリティ対策やBPC対策による安心感
  • 快適で活発なコミュニケーション
  • 将来にわたるランニングコスト削減

オフィスコンセプトイメージ図

サービス一覧イメージ図

ページの先頭へ

テレワーク

ICTの活用により、どこにいてもオフィスと同じような環境を実現します。

モバイルワークの実現

ソフトフォン

ソフトフォンは、パソコンに表示された相手の情報から電話の発着信ができる、内線電話をより便利にする音声アプリケーションです。通話はもちろん、プレゼンス表示、テレビ会議、資料共有、録音などさまざまな機能を利用できます。ソフトウェアをパソコンにインストールして使用することから、「ソフトウェアフォン」を略して「ソフトフォン」と呼んでいます。また、ソフトフォンと電話端末を連携させて、スマートフォンや固定電話機で通話することもできます。

通話

OKIのアプリケーション「eおと」によって、高品質な音声での通話が可能になります。

プレゼンス・行き先の表示

相手が在席中か、離席中の場合はどこにいるのかといったプレゼンス情報を、電話連絡の前に画面上で確認することができます。相手の状況に応じて連絡方法を変えるなど、相手に合わせたコミュニケーションを選ぶことができます。

テレビ会議

最大4者まで同時に会話することができるので、自席で気軽にテレビ会議をすることができます。

資料共有

通話相手との資料共有も、画面上にファイルをドラッグ&ドロップするだけで行うことができます。資料を共有することで、より確実に意図を伝えることができます。また、資料と同時にテキストメッセージの共有も可能です。

会話の録音

電話・会議の会話は録音することができます。録音した会話は履歴の一覧からワンクリックで再生できます。

デバイス

パソコンでの利用はもちろん、電話機やスマートフォンを使って利用することもできます。


パソコン画面のイメージ

ページの先頭へ

新しい働き方

社内コミュニケーション活性化を支援するツールをご紹介します

ひとつの画面を覗き込む新しい会議スタイル ~タッチパネル内蔵テーブル~

タッチパネル内蔵テーブルは活発なディスカッションを実現します。テーブルの中央にパネルが内蔵されており、資料の表示・作成を行うことができます。テーブルのデザインは用途に合わせて変更することが可能です。応接室向けの高級感のあるタイプや立った状態での会議に合わせた高さのあるタイプなど、ご希望に合わせて提案いたします。

こんなお悩み解決します!

アイディア出しに集まったが、議論が盛り上がらない…:参加者の距離を縮めて会議を活性化します!“ひとつの画面を覗き込む”という新しいスタイルは、参加者同士の距離感を縮め、議論を活性化します。従来の会議では、参加者がみなスクリーンに注目するため、周囲の参加者が視界に入りにくいという課題がありました。テーブルであれば、向かい合って会話をしながら資料を見ることができます。会議中、複数の関係者の整合に時間がかかっている…:スムーズな情報整合を可能にします!複数の資料を同時に表示することで、情報を効率的に比較・整合できます。また、複数の関連資料から簡単に新規資料を作成することができるため、持ち寄ったアイディアをひとつにすることも容易です。プロジェクターの投影では写真や映像が荒く不満…:画像や動画を美しく表示します!プロジェクターでは荒く、タブレットでは小さいと感じる方には大型タッチパネルモニター(32インチ~)がおすすめです。

OKIクロステックなら…
  • 数あるタッチパネル内蔵テーブルの中から、お客様の要望にマッチした製品を提案します!
  • ビデオ会議など、ワークスタイル変革につながるソリューションを複合的に提案します!

社内のコミュニケーション活性化 ~デジタルサイネージ~

デジタルサイネージは活発な社内コミュニケーションを実現します。情報を写したパネルを立てかけたり、壁や柱に埋め込むことで場所もとりません。ご希望に合わせて提案いたします。

こんなお悩み解決します!

経営層の思いを従業員に伝えたい…:掲示内容は一瞬で世界中の従業員へ届きます!デジタルであれば、国内の支店へも国外拠点へも同時に情報を発信することができます。掲示物の管理を簡略化したい…:ペーパーレスで総務ご担当者様の手間を省きます!紙の掲示は、資料の印刷・配布・掲示・撤去と手間がかかります。また、支店できちんと掲示されているのか、掲示期間終了に合わせて撤去されたかを全て把握するのは容易ではありません。デジタルサイネージであれば、掲示も撤去も本社での管理が容易です。来客へ新商品をアピールしたい…:社員同士でも、来訪者に向けても使い方は∞(無限大)です!デジタルサイネージの設置場所を工夫すれば、エレベーターの待ち時間など、ちょっとした時間を狙ってアピールができます。

OKIクロステックなら…
  • 数あるデジタルサイネージの中から、お客様の要望にマッチした製品を提案します!
  • ネットワーク環境なども合わせて複合的に提案します!
  • 設置に関わる工事も合わせてお受けします!

ページの先頭へ

セキュリティ強化

オフィスには、さまざまなリスクが潜んでいます。OKIクロステックは、施設の運用や部屋の用途に合わせたセキュリティシステムを提供します。

リスクの種類とその対策

リスクの種類 具体的事例   必要なリスク対策
人身傷害
(人身事故・誘拐)
  • 危険区域への立ち入り
  • 構内での人身事故
  • 危険区域へのカードリーダー、センサーの設置
  • フェンス+赤外線センサーの設置
不法侵入
  • 施設内設備の破壊
  • 夜間の不法侵入
  • 子供の侵入(いたずら、怪我)
  • 業務外エリアへの入室
  • フェンス+外周センサーの設置
  • 門通用口へのカードリーダーの設置
  • センサー付照明
  • 監視カメラの設置
破壊・テロ
(故意や過失による損壊・災害)
  • 製造設備の破壊
  • 毒物(異物)の混入
  • カードリーダーの設置
  • 工場内の制限エリア設定
  • 監視カメラの設置
盗難
(金・食品・固定資産)
  • 貴重品の盗難
  • 重要書類、設備の盗難
  • 更衣室での盗難
  • 防犯センサー(建物内)の設置
  • カードリーダーの設置
  • 監視カメラの設置
情報漏えい
  • 研究室/サーバー室への侵入
  • 第三者による印刷物の持ち去り
  • 生体認証装置の設置
  • 監視カメラの設置
  • プリンター認証印刷の採用
リカバリー遅延
(起きた被害への対応)
  • 盗難発生時の対応遅れ
  • 履歴の保存が十分にできていない
  • 入退室履歴の収集
  • 画面/画像での一元管理(防犯、カメラ、警報履歴)
  • 十分な履歴保存(3ヶ月以上)

入退室管理システム

エリアによって、必要なセキュリティレベルは異なります。監視カメラ、カードリーダー、生体認証などの組み合わせによって、最適なセキュリティシステムを提供します。

セキュリティシステム全体図のイメージ図

監視カメラシステム

事件事故の発生後に発生当時の状況を確認できるよう、映像を記録できる監視カメラシステムは重要になっています。近年、異常発見を支援する行動検知、死角を減らす360°撮影、詳細な映像を得られる高精細な撮影など、技術の進歩によって、一層有効な防犯ツールとなりました。
また、防犯のみならず業務効率化やマーケティングのツールのひとつとしても活用されています。
OKIクロステックでは、お客様の課題に合わせたシステムを提案から構築までワンストップでお届けします。

監視カメラシステムの活用例

行動検知

  • 監視カメラの撮影範囲に人が入ると動きを検知します
  • 不審者の侵入など、管理者の監視負担を軽減し、異常発見漏れを防ぎます
  • 人の立ち入りを制限している場所に向いています

魚眼レンズ

  • 360°全方位を撮影可能です
  • 通常、監視カメラの死角をカバーするため複数のカメラを設置しますが、魚眼レンズを採用すれば死角がないため設置台数を削減できます
  • カメラの威圧感をなくしたい場所に向いています

高精細

  • 鮮明な映像で記録できるため、作業中の従業員の手元まで確認できます
  • 入場者の顔を正確に判別することができます

コマ数

  • 録画コマ数を増やすことで、対象者のすばやい動きを逃さず録画します
  • 店舗の万引き対策や車両の検知など、動きがあるものの監視に有効です
監視カメラシステムの応用例

業務効率化

  • 工場内で作業員の動きや導線を見直すことで無駄な動きを削減できます

マーケティング

  • 顔認証システムと組み合わせれば、来場者の性別や年齢といった特性のデータを収集し、マーケティングに活用できます

接客向上

  • 顔認証システムと組み合わせ、従業員控え室の出入口に設置すれば、店舗に出る前の表情チェックができます。常に笑顔でいることで、お客様の満足度向上に繋がります。

ページの先頭へ

BCP対策・省エネ対策

情報通信機器への依存度が高まる昨今、平時・非常時の対策を考えておく「BCP対策」と、オフィスのエネルギー消費を必要最低限に抑える「省エネルギー対策」は必須です。

A. BCP対策(BCP:事業継続計画 business continuity plan)

災害時の事業継続性を支援!

  • 災害発生時の従業員の安全確保、情報共有も事業継続において大切な対策です。
  • 非常時対策のIT施策として、データセンターやクラウド、テレワーク関連の強化が重要です。
  • 災害による停電は防ぎきれるものではありません。企業側での対策も重要です。
  • その他、東京都条例に対応した防災用品も取扱しています。

パンデミック対策、事故・テロ対策、自然災害対策のイメージ図

クラウドサービスExaaS活用例

パソコンやスマートデバイスからインターネット経由でクラウドサービスExaaSにつなげば、国内中のどこからでも社内システムを利用でき、災害時にデータを破損・紛失するリスクも軽減できます。この仕組みがあれば、万が一出社できない状況になっても、業務を継続することができます。また、テレビ電話や音声通話も可能です。

クラウドサービスExaaS活用例イメージ図

ビデオ会議システム活用例

事故や災害など突発的な事態が発生した際、安否確認などの状況把握や事後の対応策を関係者達と検討するには、各拠点と素早く意思疎通が可能なビデオ会議が有効です。

B. 省エネルギー対策

環境の見える化・電力の見える化による節電対策

  • 省エネルギー対策では、見える化などでのリアルタイムでの状況把握、従業員の意識改革も重要です。
  • 見える化によって発見された課題に対する、具体的な運用改善、設備改善を行い、省エネ対策の継続をしていくことが重要です。

ページの先頭へ